現代社会においては着物はレンタルが主流になりつつあります

現代社会において着物を着る機会というのは成人式や結婚式などが挙げられます。日常的に着物を着るという人が少なくなったので今は着物はレンタルが主流であると言うことが出来ます。

 

一昔前は成人したお祝いとして両親が着物を購入するといったケースが一般的でしたが今は着物を着る機会が少なくなっているのでレンタルの方が時代に合っていると言えるのかもしれません。

 

一口に着物レンタルと言っても店舗に足を運んで自分の目で着物の柄、生地を確認した上で選ぶ方法と、もっと手軽にインターネットの写真画像を見て生地の色と柄をチェックした上でネット予約、配送をしてくれるサービスに申込む人もいます。

 

店舗型のお店の場合はそこで着付けなどのサービスを行なっている所が多いので全てトータルでお願いすればその分料金も割引となるケースもあります。

 

ネットでのレンタルの場合は着物に合わせて帯や着た時に必要となる足袋、扇子、バックなどが全部揃ったセットを用意してくれているのでとっても便利です。

 

自分で着付けができる、もしくは着付けが出来る知り合いがいる場合は全て自宅で準備を済ますことが出来ますし、着付けが自分では出来ない場合は美容院等に予約を入れて着付けをお願いすることが出来ます。

 

美容院では着付けだけではなくヘアセット、メイクなども一緒に行なってくれるサービスがあります。ただ着物のレンタル、着付けなどの場合に注意して欲しい点は結婚式などの他人と時期が被らない場合は1ヶ月程前に予約をしても十分に間に合いますが、成人式などは本当に多くの人が着物の予約、美容院の予約をします。

 

その場合は早いモノ勝ちとなってしまうので、交通の便がいい美容院、人気の絵柄の着物は早めに予約をするようにしましょう。

 

目安としては3ヶ月程前と言えますが、本当に人気がある所だと半年前くらいには連絡を入れて確認しておいた方がいいと言えます。