古くてしまっておいた着物を買取に出しました

家のスペースというものは有限なのですが、中には結構お宝ものが眠っていたいりすることもしばしばみたいですね。

 

自分の実家に関しても結構色々と古いものがしまってあり、それを今回は整理するということで品物を分別していましたところ、古い着物が数点出てきたのでそれを買取サービスにだそうなかと検討しました。

 

この古い着物ですが祖母の代から使っていたものでして現代だともう着る機会がなくて眠っていたもので、保存状態は比較的良いと思いますが如何せんかなり古いので値段が付くのがどうかという点が疑問でした。

 

その辺をネットで調べてみたのですが、まず通常のリサイクルショップなどだと鑑定が専門家ではないために、ただ同然になってしまうということも考えられるので、それで着物買取専門店を探してみました。

 

しかし結構住んでいるところからは遠いお店が多く、それでネット買取も対応しているお店から選んでみようと思いました。

 

最近の買取サービスは宅配型のものも多く、専門店でもやっているのは嬉しいですね。振袖と一緒に付下げなども査定に出そうと思いましたし、調べた結果としては正絹のようなのでそれなりの値段が付くと口コミ情報でもありました。

 

一応名残惜しいという感じがはあったのですが、しかしやむを得ない状況でもあったので、それでしっかりと梱包をして送り査定を待ちました。

 

査定結果に関してはまあ古いこともあって一万ちょっとの値段となりましたが、この着物が新しい人に渡るということを考えると悪くないかなと思いました。

 

着物に関しては本当に着る機会が無いので、最近ではレンタルサービスなどで済ませる機会も多いそうですね。但し自分は着付けが出来ないので、その辺を考えるとやはり中々に難しい問題でしょうね。