日本の伝統である着物の保管方法と注意点について

日本の伝統として多くの人が成人式や冠婚葬祭、普段着としても着る機会も多くとても魅力を感じるものです。

 

着物を所持している人は多いと思いますが、しっかり保管をする事が大事なポイントと言えます。

 

着物をしまっておく上で最大の問題は、湿気と虫とです。着物の素材である絹は非常にデリケートなバイオ素材なので、適度な風通しも必要とします。

 

収納方法を間違えてしまうとカビや変色、虫食いなどのダメージを受けてしまいます。着物を保管する上では正しい知識を理解する事が肝要です。湿気対策としては、除湿剤は必ず必要なアイテムと言えます。出来ることなら着物専用の除湿剤を使用する事が良いです。

 

着物専用除湿剤は、呉服店や着物のお手入れ専門店で手に入れる事があります。防虫剤と一緒に除湿剤を入れて定期的に交換することも大切です。着物の値段は高額のモノも多く、長く使用する為には工夫や配慮が必要です。

 

着物の敵である湿気を防ぐには、着物を包むタトウ紙の交換も必要になります。タトウ紙の値段としては、幅が大きく100円から2000円程のモノまであります。品質も様々で、高価なタトウ紙は上質な和紙でできており、吸湿性に優れています。

 

自身の経済状況に応じてチョイスする事をおすすめします。タトウ紙を利用する場合に、注意点としては、高級なタトウ紙を使用したとしても、2年に1度交換する事が肝要です。タトウ紙は、インターネットでも購入する事が出来ます。

 

防虫剤の種類はとても多いですが、防虫剤には無臭かつ箔も傷めないエンペントリンの使用がおすすめです。防虫剤の種類によっては、着物の金彩などの施しが変色してしまう可能性もあるので注意が必要です。着物はとても魅力的な伝統ですが、とても気を遣って保管する事が肝要です。